nursing

エプロンの歴史

日本でのエプロンの歴史

エプロンは、古くは古代エジプトから存在していました。しかし、当時は権力者の象徴としての意味がありました。実用的な外衣として普及したのは、16世紀頃とされています。 日本でも弥生時代に、布を首につるして食事をしていたようです。江戸時代には綿の普及も多くなり、エプロン様のものが使われだしましたが、着物での動作がしやすいようにという使われ方をしていました。 現在のエプロンとして入ってきたのは明治時代です。この頃は西洋風のものが流行りましたが、第2次世界大戦時西洋物が排除され、代わりに割烹着が現れました。 現在では、デザイン性にも機能性にも優れたエプロンが多くあります。介護エプロンもその一つで、介護する側もされる側も、使い勝手の良いものが続々と開発されています。特に嚥下食が必要となる人は嚥下機能が低下しているため、食べこぼしが多くなりがちです。そのため、食事の際にエプロンの着用は必須だといえます。食べこぼしをキャッチできるような受け皿付きのエプロンだと、食事後の片付けもスムーズに勧められるでしょう。

使い捨てや、デザイン性

これからの介護エプロンは、どのような傾向が現れるでしょうか。 まず、考えられるのは使い捨てのものが増えるということです。医療現場でも様々なものが、例えば手袋やタオルなどが、使い捨てとなってきています。安全性や清潔が何より重要視されている場ですので、介護エプロンも使い捨てが多くなると考えられます。 機能性に関しては、食べこぼしが床に落ちない形状やワンタッチで装着できるなど、日々開発が進んでいます。また、現在は機能性だけでなく、デザイン性にもこだわった介護エプロンも出てきています。見た目にはエプロンとはわからない、ブラウス状になっているものもあります。ブラウスではありますが、汚れなどに強いという、機能性が備わっています。特に女性は装いによって、気分も明るくなります。これからは、機能性はもちろん、おしゃれにも気を配った介護エプロンが増えてくると考えられます。

増えている介護施設

nursing

介護施設の増加に伴い、最近では自宅に介護リフォームを施す人も少なくありません、引き戸の幅を100センチにすることで車椅子でも安易に通ることができるバリアフリーにするなどの工事が人気です。

Read More

イチオシサイト

  • 株式会社フジカーズジャパン

    福祉車両を販売している専門店を利用しよう!在庫車両の情報がネットで手軽に確認できちゃうんですよ。
  • ネスレ日本株式会社

    さまざまな種類の嚥下食を販売していますよ。介護用の食事を作る手間を軽減したいなら一度利用してみましょう。
  • 株式会社スーパー・コート

    有料老人ホームは大阪エリアにあるこちらがおすすめですよ!老後を快適に過ごせるサービスが豊富にあります。
  • 株式会社ビー・フレンズ

    子育てや仕事などさまざまなことに追われているなら放課後等デイサービスを宇都宮で利用しよう!評判の高い施設の情報ならサイトで確認できますよ。

毎日使う場所

nursing

介護リフォームを行なう際、考えるべきことはもっとも危険が多いのはどこなのかということです。特に毎日使用するトイレやお風呂場は、滑りやすく怪我をしやすい箇所なのでリフォームを施すことが適切です。

Read More

通販で介護服を買う

nursing

介護服は、介護される側の人のことを考慮し購入することが最適です。寝たきりの姿勢でも床ずれや肌荒れが起きにくい肌にやさしいものや、オーガニックコットンを使用したもの、また、着替えがスムーズにできるものを通販で購入することをおすすめします。

Read More