増えている介護施設

nursing

介護リフォームに適した製品

最近は介護される人が増え、町のいたるところに介護施設ができている状況です。しかし介護される高齢者の人は、できれば自宅で介護されたいと希望する人が多いのです。ここでは自宅を介護リフォームによって、介護するのに適した住宅にするための知識を紹介していきます。 最近では介護のための建材や設備がとても充実してきているのです。ですからそういった製品を積極的に使用していく事が、介護リフォームを成功させるには重要です。介護リフォームの製品のひとつとして、幅広の引き戸があるのです。引き戸はバリアフリーとして有効的なドアのひとつですが、その引き戸をさらに幅広にすることで介護するのに適したドアになるのです。通常のドアの開口幅は70センチもないくらいですが、幅広引き戸は開口幅100センチのものがあるのです。

幅広の引き戸に変更すると良い

車椅子での生活の場合、ドアの開口幅は最低でも80センチは必要とされているため、こういった幅広の引き戸はとても役立つのです。また玄関ドアも開き戸よりも引き戸の方が介護リフォームとしては適しているのです。玄関を引き戸にするのならば、更に三連引き戸がおすすめです。三連引き戸にすることで、玄関の幅の三分の二を開口する事ができるため、車椅子でも十分に通過させる事が可能です。また玄関の開口幅が広いという事は介護の時だけでなく、大きな荷物の出し入れの時に非常に役立つのです。 こういった幅広の引き戸を使用すると、必然的に廊下も幅広になってくるため、廊下も通行しやすい環境になってくるのです。ユニットバスのドアも最近は引き戸タイプが用意されているため、おすすめです。