毎日使う場所

nursing

どこを最初に取りかかるか

介護の為のリフォームを考える時には、まず毎日使う場所でどこが最も負担がかかるかで最初にとりかかる事になります。実際に家屋での怪我が起こりやすい所はトイレと風呂場です。いずれも水がからむ場所で滑りやすく、ぶつかっただけでもケガの程度が重くなりやすい場所です。リフォームの為の業者に見積もりをだす前に、まず市や区の介護関連のせく諸に問い合わせてみましょう。介護の為にリフォーム工事を行う場合、市や区から補助が出る所が徐々に増えてきているからです。ほとんどの市や区が事前申請の形式を取っているので、市や区に先に問い合わせてから業者に相談をした方が安全なのです。一般的に家屋の工事は、部屋単位で考えてもまとまった金額が動く事になるので補助が適応されるのであれば有効に活用しましょう。

リフォーム工事の見立て

トイレや風呂場を介護の為にリフォーム工事を行う場合は、実際に使う人の動線に合わせた高さいやサイズのアイテムを使っての見積もりをしてもらいましょう。実際に介護される側とする側の両方が使いやすいように出来あがるのがベストな状態です。大抵の場合は自分の身体を支える力の中でつかまって身体をささえる力、良い姿勢の状態で身体を支える力が弱っています。つかまる事ができる、体重をかけて支える事が出来る、よりかかる事が出来る、そのような状態が可能なスペースを作るように見積もりを出してもらいましょう。出来あがりの状態は、介助のサポートが少ない状態でトイレや入浴が出来る事がベストなのです。同じような部材を使っても業者ごとに金額が変わる事が多いので、相談と見積もりは幾つかの業者でしてもらって内容や期間、価格を比較する事が出来ると安心です。工事にとりかかると比較的短い期間で完成出来るので、工事に至るまでの準備を納得ゆくまで詳細まで行う事がヒケツです。